[在宅副業] 家時間で稼げるストックイラスト始めませんか?

 

皆さまこんにちはDiGです。

 

今(2020年3月末)世間は例のウイルスで大変なことになっていますね。

これからかつてない不景気が訪れることも確実視されていて、将来に不安を感じている人も多くいると思います。

会社に依存せず、自分自身の力でお金を稼ぐことが必要になってくる、そういう時代が今まさに訪れようとしています。

 

ということで副業への関心・需要は今後さらに高まっていくと、自分は予想しています。
 

 

副業と呼ばれるものは数あれど、それぞれ難易度や即金性など千差万別です。

 

「スキルもないし何を始めたらいいのかわからない」

 
そんな方には、「ストックイラストとかどうすか?」 と、とりあえずオススメしてみたいと思います。

理由としては、

 

  • 皆さんが思っているよりは簡単
  • 家で空き時間にできる
  • 年齢も性別も関係ない
  • 無料でも始められる
  • 株やギャンブルのようにマイナスになるリスクはない
  • Youtuberのように炎上するようなリスクは(多分)ない

 

等々他にもありますが、こんなところです。

 

本当に簡単なのか??

 

そんなわけないだろうという声も聞こえてきそうですが、もちろん「外注で企業から仕事を受けて云々」という本格的なイラストレーターになろうという場合には、ちゃんと勉強が必要です。

ですが、ストックイラストに登録するイラストで一番重要なのは「汎用性」です。

 

そんな凝ったものを作れるスキルは(とりあえずは)必要ないです。

それに極論、スキルはやりながら学べばいい話です。
 

 

↓意外と簡単なイラストが売れちゃうよというのは、私の過去記事でも述べていますので、こちらも参考にして下さい。

 

本当に無料で始められるの??

 

イラスト作成のもっとも有名なツールはAdobe社のillustratorで、これはもちろん有料です。

ですが、ほぼ同等の機能を持っていて無料で提供されているアプリケーションも存在します。

Inkscapeあたりが有名だと思います。

 

最初は参考本をおともにちょっとずつ触ってみるのがオススメです。
少しずつできる事が増えていくのは、本当に楽しいですよ。

 

最初は、こちらを使ってみて、収益が見込めるようになったら、Illustrator (イラストレーター)に切り替える、という方法もアリだと思います。

 

 

初心者の方はオンラインスクールもあり

 

「最初は手取り足取り教えてほしい」という方は、オンラインスクールという選択もありかと思います。

メリットとしては、

  • わからないところはすぐに質問できる
  • イラストレーター以外にも幅広くスキルが身につく
  • 自己流でない正しいスキルが身につく

 

デメリットとしては、有料である(一部無料の場合もあります)ということがありますが、最初にしっかりと基礎を学びたいという方にはオススメです。

 

▼イラストレーターが学べるおもなオンラインスクール

CodeCamp デザインマスターコース
世界最大級のオンライン学習サイトUdemy
SKILLHUB
SCHOO etc.

 

 

ストックサービスに登録してみよう

 

イラストが作成できるようになったら、作品をストックサービスに登録してみましょう。

ストックフォトサービスは世界中にたくさんあります。

私DiGがオススメする最初に登録すべきストックフォトサービスは以下の記事で詳しく紹介しています。

 


 

目指せ高収入!参考書籍まとめ

 

最後に私が、ストックイラストを制作するにあたって、「これは役に立った」という書籍を紹介します。

ストックイラストにおいて、もっとも需要がある人物イラストの基礎について学べます。

 

手書き風イラストが描けると、他のイラストと差別化がはかりやすく、売上アップが期待できます。

 

背景素材等の制作の参考に。Photoshopも使えるとさらに幅が広がります。

 

以上本日は、どうせ外に出られないなら、「先を見越して自分自身のスキルアップをしよう」という内容で記事をアップしてみました。
(半分自分に言い聞かせているところもあり)

 
とはいえ、早く自体が終息に向かうことを心より願う次第です。

 
ではでは。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
お時間ありましたら、他の記事も読んでみて頂けると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です