(悲報) Shutterstock(シャッターストック)が報酬金額を改定。寄稿者大量離脱か?

Shutterstock報酬改定

 

皆様こんにちはDiGです。
 

昨日Shutterstock(シャッターストック)に関して大きなニュースが入ってきたので、今日はそちらについて解説していきます。
 

↓昨日何の前触れもなく届いた一通のメール。
 

Shutterstockから届いたメール
 

何気なく開いてみると、どうやらコントリビューター(寄稿者)の報酬体系が変更になるらしい。
 

で変更はいつから?えーと6月1日からって・・5日後じゃん!ってか急すぎやろ!

って感じでびっくりしつつ詳しく読んでみると、
 

これはちょっと・・・どうなんですかシャッターさん (うわー荒れそう~)

 

という感じの内容でした。



変更を箇条書きでまとめてみると

  • 通算の累計報酬額によって行われていた寄稿者のランクを、1年間のダウンロード累計数によるランクに変更
  • 今まで購入プランに基づいて定額で支払われていた報酬が、購入額に対するパーセンテージでの報酬に変更

 

自分が読み解いた限りですと、大きな変更は上記2点です。
それぞれ順に説明していきますね。
 

最大の問題はその集計期間にあり

 

今までShutterstockでは、過去全期間の累計報酬額に基づいて以下の画像のように寄稿者のランクが設定されていました。
 

Shutterstock報酬体系(過去)
https://submit.shutterstock.com/payouts?language=ja
 

確かにこれは他のストックサービスでは、あまり見ないタイプのランク分けだと思います。
問題点としては、
 

最近活動していない寄稿者も過去の累計実績に基づいて、永続的に最高ランクの報酬を得続けることができてしまう

 

という点で、Shutterstockもアクティブに作品を投稿し続けてくれる寄稿者を優遇したいという気持ちがあるのだと思います。
その変更に関しては個人的にはとくに不満はありません。
 

ただ最大の問題は、↓この新報酬のライセンス数、つまりダウンロード数の集計期間にあります。

Shutterstockの新報酬表
注)これは写真・イラストの報酬表です。動画の場合は違う報酬表がありますので、そちらをご確認下さい。
 



このメールを下に読み進めていくと、
 

Shutterstock集計期間問題
↑赤枠部分に注目
 

なんと、1月1日になると全員が強制的にレベル1に戻されてしまうのです。
 

私の場合、ランク5で35%の報酬を得られることになっていますが、来年1月1日になったら一旦ランク1 (15%)に戻されるというわけです。
 

おそらくランク5に戻るためには、2~3か月はかかると思いますので、1月、2月は報酬額が大幅に減ることになります。

これは間違いなく改悪ですよね。
 

PIXTAさんのように、直近1年間の集計でランク付けするべきだと思います(システム的にできないのかもしれませんが)。

それが一番寄稿者に不利益がなく、頑張っている寄稿者にも光が当たる方法だと思います。
 

購入額に対するパーセンテージは結局得なのか?損なのか?

 

第2の変更点についてですが、Shutterstock側からの文面以外の詳しい説明がないのである程度推測を含む内容となります。
 

今までのShutterstockの報酬体系ですと、
 

定額制 => ○○円
オンデマンド => ○○円

 

のように購入プラン別にザックリと固定された報酬がランクにもとづいて支払われていました。
 

Shutterstock料金表
https://www.shutterstock.com/ja/pricing
 

ですが、Shutterstockの料金プランは実は↑写真のようにもっと細分化されていて、

定額制だけでも
 

10点/月(1点あたり350円) から 750点/月(1点当たり33円)

 

まで4プランもあります。



これが、購入額に対するパーセンテージに変更されるということは、おそらく↓このようになると思われます。

Shutterstockプラン料金表
 

これによって報酬金額がどう変わるのか、とりあえず私のランクで計算してみたいと思います。
(1ドル=105円で計算)
 

1 定額制プラン

プラン 月額 1点当り 旧報酬額
(>10,000$)
新報酬額
(ランク5)
差異
750点/月 25,000円 33円 約40円 約12円 -28円
350点/月 22,000円 63円 約40円 約22円 -18円
50点/月 12,000円 240円 約40円 約84円 +44円
10点/月 3,500円 350円 約40円 約123円 +83円

 

2 オンデマンドプラン

プラン 月額 1点当り 旧報酬額
(>10,000$)
新報酬額
(ランク5)
差異
画像25点 28,000円 1,120円 約299円 約392円 +93円
画像5点 6,000円 1,200円 約299円 約420円 +121円

 

このように定額制750点/月など枚数多めのプランでは大幅なマイナスに、それ以外のプランではプラスにという結果になりました。
 

実際金額がどう変わるかは、正直来月になるまでわからない部分はあります。
 

ですが、Shutterstockでの1番人気のプランは350点/月ということなので、購入者の多数が350点/月と仮定すると、報酬は減る可能性が高いです。
 

逆に思ったより350点/月の割合が低ければ、報酬は増えるかもしれません。
 

いずれにしても1月のランクリセットは痛いです。
そこ何とかなりませぬかシャッターさん。

 

追記(6/2)

なんか金額に微妙なバラつきがあるなあと思ったら、定額制には月額と年間一括払いの2プランあるんですね。
↓一応年額の場合も載せておきます。
 

3 定額制プラン(年額)

プラン 年額 1点当り 旧報酬額
(>10,000$)
新報酬額
(ランク5)
差異
750点/月 250,000円 28円 約40円 約10円 -30円
350点/月 200,000円 48円 約40円 約17円 -23円
50点/月 120,000円 200円 約40円 約70円 +30円
10点/月 35,000円 292円 約40円 約102円 +62円

 

イヤーひどいですねえ苦笑
ランク5でこれですからね。ランク1だと最安で4円ですよ4円。
4円って寄稿者紹介報酬より安いんじゃ。。(どうせそこも変更されそうだけど)

訂正) ↓フォーラムの情報によると最低報酬として0.1$以下になることはないらしいです。

 

shutterstock報酬表

 

案の定フォーラムやSNSは荒れています

 

予想通りですが、Shutterstock内のフォーラムはかなり荒れ模様です。


https://forums.submit.shutterstock.com/topic/100133-new-earnings-structure-for-contributors/

 

幾つか↓抜粋してみました。(直訳ですいません汗)

This is just a joke.
No lifetime sales tier, just what you sold last year/this year….
To get to the current % you would need to sell OVER 2500 clips in a year !!!
This is not just INSANE, but absolutely the last straw.
My portfolio will be deleted as soon as I can.
Thanks.
 

これはただのジョークです。
通算の販売数ではなく、昨年/今年に販売したものだけですか・・・
現在の%に到達するには、1年で2500を超えるクリップを販売する必要があります。
これは正気の沙汰ではなく、もう我慢の限界です。
私のポートフォリオはできるだけ早く削除します。ありがとう。

I almost never come to the forums despite being with Shutterstock for a decade and referring thousands of customers and buyers. But this announcement is so bad that I just had to say something.
All contributors reset to level 1 for both images and videos every year on January 1st.
So for the first few months of the year, many contributors will be earning 15-25% only! Even big contributors have to take a hit on their first few sales every year?! Why?!
I know it’s too late, but this whole approach should be reversed.
 

10年以上Shutterstockにいますが、私はほとんどフォーラムに来ません。
しかし、この発表は非常に悪いので、私は何かを言わなければなりません。
すべての寄稿者は、毎年1月1日に画像と動画の両方でレベル1にリセットされます。
そのため、今年の最初の数か月間は、多くの寄稿者が15〜25%しか稼げません。
大きな貢献者でさえ、毎年最初の数件の売上に打撃を与える必要がありますか?!なぜ?!
手遅れだと知っていますが、このアプローチ全体を元に戻す必要があります。

this is the nail in the coffin for thousand of contributor serious who work to create images and live out of micro stock….thanks a lot.
i hope the management will buy a new house with all the saving they are making and killing our life.
 

これは、日々画像を作成し、マイクロストックで生き抜くために働いている何千人もの貢献者にとって命とりとなるものです….ありがとうございました。
私は経営陣が、節約と私たちの人生を殺すことによって新しい家を買うことを望みます。

 

やはり皆さん激おこですね。。
 

Twitterなどでも#boycottShutterstockというタグが作られていて、
多くの人が、ポートフォリオを閉じます(=Shutterstockへの投稿を止めます)というツイートをしています。
 

Shutterstockは昨年のアップロード方式変更も物議を醸しましたが、報酬の変更は寄稿者にとっては非常にデリケートな部分なので、事前アナウンス含め、もう少し慎重に余裕をもって進めるべきだったと思います。
 


 

Shutterstockが何らかの対応をするのか、このまま強行するのか、いずれにしても注目ですね。
 

ではでは。
 

実際報酬がどう変わるのか、私も注目しています。
辞めるという選択肢は現状ないですが、あんまり減るようだと辛いです。。

 

 

追記

↓改定後の海外の反応をまとめました


 

 

12 件のコメント

  1. divedog 返信

    はじめまして。私もshutterstockで写真を販売している者です。
    とてもよくまとめられていて読みやすかったです。

    私のコントリビューターレベルは4なので30%です。
    今回の改悪により、6月2日の売上から見事に3分の1になっています。半減どころの騒ぎではないですね。
    レベル4の時点で一枚の売上が10セント(定額プラン750枚/月の場合)です。えげつない。
    来年1月1日からは5セントになるわけですね。

    ここで記載されている通り、(売上額)×(レベルの報酬割合)となっていますので、定額プラン750枚/月と350枚/月の場合だとレベル6であっても改悪前の報酬に戻すことは絶対にできないということになります。購入者側はなんのデメリットも無いので結局差額分はSSが持っていくことになります。
    もう搾取のレベルを超えてます。
    コレでは寄稿者の多くがポートフォリオを閉じて去るのも無理はありません。

    そもそも、コロナ禍の影響でSSの売上が激減した故の対策なのか、よくわからないですね。
    長文駄文失礼しました。

    • Dig DUG 投稿者返信

      コメントありがとうございます。
      私もそれくらい減りそうな感じです。
      これだけ寄稿者が騒いでるのに全くぶれないShutterstockの強気っぷりにも引いてます苦笑
      あとおそらくですが、最低報酬が0.1$以下になることはない模様です。

  2. dron5124 返信

    初めまして。
    海外に10社ほど登録してます、と言ってもshutterstock、istock、123RF以外は
    ほとんど売れてませんが。(他社は最低出金額に、2~4カ月掛かります)
    メインのshutterstockがこの金額だと、悲しすぎますね。
    一番恐れてることは、他社も追随してくる可能性があるということです。

    • Dig DUG 投稿者返信

      コメントありがとうございます。
      10社はすごいですね!
      Shutterはなんだかんだ業界ではシェアが大きいので、他社が追随する可能性については私も危惧しています。
      他社も報酬を引き下げてくるようだと、最悪ストック全体がオワコン化する可能性もあるかもしれません、考えたくありませんが。

  3. s 返信

    はじめまして。
    私は、1日様子をみたところ、報酬が見事に1/3になっていたので、販売を停止しました(アカウントは削除していません)。
    フォトリア、iストックの報酬が各6〜8万円/月、シャッターストックが1〜2万円/月なので、シャッターストックで安売りすることは他のサイトの売上を減らすと判断しました。
    分かりやすい記事をありがとうございます。

    • Dig DUG 投稿者返信

      コメントありがとうございます。
      Shutterstockは多分このまま強気で行くと思うので、各自が総合的な判断でどうするかを考えないといけないですね。
      お互い頑張りましょう。

  4. bbs 返信

    はじめまして。
    私はコントリビューターレベルは4なのですが報酬が1枚10~16セントになってしまいました。
    改悪前まではShutterstockは良かったのですが、2万5千枚ほどUPしていたアカウントは削除しました。
    Adobeに引っ越しします。

    • Dig DUG 投稿者返信

      こんにちはコメントありがとうございます。

      こうなるとAdobeがいかに良心的かよくわかりますね。CCの優待までありますし。
      この流れがAdobeに波及しないことを祈ります。

  5. Gemgorou 返信

    はじめまして。
    少し前から0.10$の報酬になって気になっていましたが、わかりやすい解説で助かります。

    私はまだSSではレベル2(750枚程の投稿)のものですが、SSの近況を見るとここで力を注いでいくことが得策なのかさすがに怪しく感じます…
    ただでさえ審査が曖昧(←そもそもこれが一番不満)で且つ英語でしか登録できない中、他より売れやすいというところでなんとか自分を奮起させていましたが、売れても収益にならないとなるとこの業界への不安にもなります。

    Adobe, Pixtaをメインで投稿してますが、こちらに波及しないことを祈りつつ、ひとまず英語限定なら123RFなどのサービスへ注力してくのが今は吉の流れかもしれないですね…

    長々と失礼しました、今後も良い情報発信を楽しみにしております。

    • Dig DUG 投稿者返信

      こんにちはコメントありがとうございます。

      審査が曖昧、めっちゃわかります苦笑
      個人的にはShutterstockにはもはや期待してません。
      とりあえずキーワード選定ツールは便利なので、それを利用するためだけの存在みたいな感じです。

      今後ともよろしくお願いいたします。

  6. 太郎さん 返信

    やはり皆怒っていたのですね。先ほど運営に苦情を入れてからこちらの記事を見つけました。

    私はレベル3ですが、連日、0.10ドル報酬ばかりです。
    レベル1の時と何ら変わりません。
    これなら、どれだけ頑張って新しい素材をアップしても、報酬分母を下げられたのでは毎回振り出しに戻されるわけです。いえ、振り出しどころか労働時間を考えればマイナスです。
    何でたった10円で高品質な素材を提供しなければならないのか…

    サポートも日本語がわからない自称プロフェッショナル達が、頓珍漢な回答をしてきますし、不採用理由の矛盾を指摘しても、「人間だから間違えることはあります」で片づけられます。
    ですが、また、一からアップしてタグをつけて審査に出さねばならなく、なんでそっちのミスをこっちがフォローしなければならないのかが意味不明です。
    本当に殿様商売です。

    不満を口にすればきりがないですが、ただ、
    最近はカメラや映像機器の性能は上がり、価格も手ごろです。
    CGソフトなども今では無料のツールでもそれなりのことができます。
    誰でも簡単にプロ同等のものが出来るようになった時代だからこそ、参入者も増え、作品の価値が相対的に下がるのも仕方ないと思うところもあります。
    なので、今以上に努力して向上するきっかけにすることはできると思いますが、そのフィールドはシャッターストックである理由はないかもですね。

    • Dig DUG 投稿者返信

      コメントありがとうございます。

      そうですね、今回の改定はあまりにも突然で、しかも一方的に寄稿者側が不利を被るものでしたので、怒るのは当然かと思います。
      0.10$が多発することになるのは、購入者の契約プラン比率を把握しているShutterstock側で事前に予測ができたはずですし。

      Shutterstockは自らの首を絞めているように感じますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です