おすすめのストックフォトとその特徴をご紹介

 

みなさんこんにちはDiG DUGです。

 

自分は現在、複数のストックフォトサービスに並行して作品を登録しています

 

複数サイトへの登録についてはメリット・デメリットあるのですが、収益を最大化できるというのが、最大の強みと言えます。

 

この辺についてはメリット・デメリット合わせて今度改めて書いてみたいと思います。

 

ということで本日は、実際私が登録しているストックフォトサービスの紹介と特徴、概要等まとめて書いていこうと思います。

 

 

現在登録しているストックフォトは5つ

 

以下が私が登録しているストックフォト一覧です。

 

サービス名 お勧め度 特徴
Shutterstock

Shutterstock
(シャッターストック)
アメリカ 星4つ
(4)
アメリカの代表的ストックフォトサービス。日本語非対応のため、英語が苦手な人には少しわかりづらいかも。
売れる点数としてはこのなかでもトップクラスだが、如何せん単価が安いため、金額が大きく伸びにくいのが難。
Adobe Stock

Adobe Stock (旧Fotolia)
(アドビストック)
アメリカ 星 4.5
(4.5)
ご存知Adobe社が運営するストックフォトサービス。現在fotoliaと統合中(今年中に統合完了予定)。
英語・日本語両方対応可かつ、販売数・販売単価ともこの中では高め。大きな欠点がないので、初心者の方にもおススメできるサイトです。
gettyimages

gettyimages
(ゲッティ―イメージズ)
アメリカ 星 4.5
(4.5)
こちらもアメリカの代表的ストックフォトサービス。傘下にiStockなど複数のサービスがあり、販売数・販売単価ともに期待できる。基本英語での対応が必要。
販売結果が毎月20日前後に一括で出るので、日々の売り上げを追えないのが、ちょっと残念。
PIXTA

PIXTA
(ピクスタ)
日本 星 4.5
(4.5)
日本の代表的ストックフォト。スタッフの対応も親切なので、まず最初に始めるべき
最初はアップロード数に制限があるが、頑張っていれば増やしてくれる。定額制での購入率が高いので、販売点数のわりに金額が伸びにくいのが少し残念。
123rf

123RF
(123アールエフ)
アメリカ 星2つ
(2)
アメリカのストックフォトサービスだが日本にも支社がある。この中では知名度・売上とも低め。無理して登録する必要はない感じ。登録のインターフェイスは一番シンプルだが、審査がめちゃくちゃ遅いので気長に待つしかない。

 

 

自分が現在メインで登録しているのは、上記5つです。

 

123RFは少し知名度が落ちますが、それ以外はストックフォトサービスの中ではメジャーどころで、販売数・売上とも期待できるサイトと言えると思います。



 

この他にも写真のみ・イラストのみ対応のサービスだったり、ストックフォトサービスは世界中にたくさんあり、自分も他のサイトに幾つか登録したこともありました。

ですが、

 

  • ある程度売り上げが計算できる(登録作業の時間が無駄にならない)
  • 登録のインターフェイスに極端な不便がない
  • 規約やライセンス(デザインの権利的な部分)で不利益を被る可能性がない
  • イラストや写真のアップロードフォーマットが他のサービスと共通
  • 登録作業時、ある程度他のサービスからのコピペで対応できる
  • 怪しくない

 

等々の理由で今は上記5サイトに落ち着いています。

 

 

どのサービスにも一長一短はある

 

good or bad

 

 

仕方がないことですが、どのサービスにも一長一短というか、サービス特有の癖のようなものがあります。

 

「このサイトだと承認されるのに、こっちのサイトだとNG」とか、そういうのは正直ザラにあります。

 

複数サイトで登録・販売をする際は、そういったサービスごとの癖を理解し、こちらから合わせていく必要があります。

 

そこらへんは、サービスごとに注意ポイントなど今後まとめていきたいと思います。

 

 

 

初心者がまず始めるべきストックフォトはここ

 

初心者の方は、余り一気に手を広げるより、コツをつかむ意味で1-2サイトに絞って始めた方がいいかもしれません。

 

そういう意味では、初心者の方のお勧めできるのは

 

 

あたりでしょうか?

 

どちらも日本語で登録ができるので、登録作業がスムーズかと思います。

 

英語に抵抗がなければ、Shuttestockもとにかく数が売れるので、売れる喜びを味わえるという意味ではおススメです。



 

以上、私の登録しているストックフォト5選でした。

 

各サービスについては、良い点・悪い点含め今後更に掘り下げていきたいと思いますので、少々お待ちいただければと思います。

 

では本日はここまでです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

ではでは。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です