イラストなら承認率95%越え?

イラストで95%オーバー

みなさんこんにちはDiG DUGです。

 

先日投稿しました「私がイラストをお勧めする理由」にて

 

審査基準が(写真と比べると)低いので、登録審査が通りやすい

 

と書かせていただきました。

 

じゃあ実際どのくらい差があるのかというのを、自分の体験談から本日書いてみたいと思います。

 

 

写真の登録率は半分程度

 

私が最初写真を中心に登録していた時は、(ストックフォトサービスにより審査基準は違いますが)比較的緩いところでも50~60%といったところでした。

 

このパーセンテージは、カメラの熟練度によって人により大きく異なると思います。

 

正直自分は、カメラに関してはほぼ素人レベルで、最適な設定がよくわからないままとりあえず撮っているという状態でした。

 

実際、「結構いい構図で撮れたなあ」「これ売れるんじゃね」と思って審査に出した写真が、NGを食らって”登録”というスタート地点に立つことすら許されない。

 



 

そんなことが多くあると、結構心が折れるというか、当初の熱量がどんどん下がっていきました。

 

まあ実際承認を通った写真もほとんど売れませんでしたけどね。

 

もともと弾が少ないうえに、ふるいに掛けられて半分程度になってしまった残りかすの弾では、ストックフォトという数がものをいう世界には通用しませんでした。

 

 

 

そして放置へ・・・

 

leave alone

 

そんな感じで「やっぱだめかー」と心が折れた結果、一旦放置という形をとります。

 

見たくないものに一旦蓋をする措置です。

 

結構このタイミングでストックフォトから離れてしまう人、実際多いんじゃないでしょうか?

 

 

「登録審査」という壁、それを運よく越えても「思ったより売れない」という壁

 

この2重の壁に心折れてストックフォトから離れてしまう人が多いように思います。

 

 

イラストならいけるんじゃね??

 

自分がラッキーだったのは、イラストという別ルートがあったことです。

 

試しに通ってみたら、こっちの壁は結構低かったのです。

 

もちろん自分がもともとデザインを仕事にしてきたので、諸々含んで低かったってのはあると思います。

 

でも先日の「私がイラストをお勧めする理由」でも書いたように

↓こんなのとかも

メールアイコン

恐る恐る審査に出してみたら、普通に承認されたのです。

 

売れる売れないはともかく、最初の審査の壁が意外と簡単に通過できるとわかった私は、自分の過去のボツデザインとかWeb制作時に作ったアイコンとかを片っ端から登録し始めました。

 

ほぼほぼNGを食らうことなく承認され続けた結果、ある程度の登録数に達することができました。

 

その結果、徐々に売り上げが上がっていったのです。

 

 

売れることで生まれるプラスのスパイラル

 

スパイラル

 

売れることでモチベーションが上がった私は、ストックフォトのためにイラストを新たに作成するようになりました。

 

その結果さらに売り上げもあがっていきました。

 

当初写真で50%ちょいだった承認確率は、イラストのおかげで95%以上になりました。

(最初の写真の負け分を除けば、イラストだけなら98%位は承認されていると思います)

 




まず最初の「審査」という壁が脅威ではなくなったことが、ストックフォトに注力できる大きなきっかけとなりました。

 

私がイラストをお勧めしているのは、ここら辺が理由の一つというわけです。

 

まずは店頭に並ばなければ売り上げも発生しないわけですし、登録作業にかかる時間も馬鹿になりませんから、なるべく無駄のない効率的なストックフォトライフを送りたいですね。

 

では本日はここまでです。

いつも読んできただきありがとうございます。

ではでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です