複数のストックフォトサイトに登録するメリット・デメリット

メリット・デメリット

みなさんこんにちはDiG DUGです。

 

先日の↓投稿にて

 

複数サイトへの登録にはメリット・デメリットあるということを書きました。

 

今回は具体的なメリット・デメリットを上げていきたいと思います。

 

 

複数ストックフォトサイトに登録するメリット

 

  • 利益が最大化できる (販売機会が増える)
  • 他のサイトで売れないデザインがはまる可能性がある
  • 売上の上下動によるリスクを回避できる

 

といった所が考えられます。

 

まず第一に、ユーザーの目に触れる機会が増えることで販売機会が大きく向上します

 

そういった意味では、副業として一定の収益を目指す場合には複数サイトへの登録は必須と言えると思います。

 



 

サービスによっては「専属契約」というものがありますが、個人的には複数サービスでの同時展開をお勧めします。

(実際何度か専属契約のお誘いを受けたこともありますが、お断りしました)

 

その理由として挙げられるのがそれ以外の2点のメリットです。

 

 

サービスによって売れるものが全然違う

 

sales

 

メリットの2つ目なのですが、びっくりするぐらいサービスによって売れ筋デザインが変わります。

 

こちらのサービスで2,3回しか売れないデザインが、こっちではすでに数十回ダウンロードされてる。。

 

みたいなことが実際ザラにあります。

 

原因としては

 

  • 競合が少なかった
  • タイトルやタグ付けがばっちりハマった
  • そのサイトのピックアップしたいジャンルにうまく乗っかれた

 

等が考えられます。

 

いずれにしても、作り手としては、頑張って作ったデザインが全く売れないのは悲しいものです。

 

そういった日の目を見ないデザインが、別のステージで見違えるように引く手あまたなのを見るのは嬉しいものです。

 

そういった確変的爆売れチャンスを狙うためには、複数サイトでの登録は必要かと思います。

 

 

月ごとの売上は結構安定しない

 

最後のメリットの前段階として、ストックフォトサービスにおいて安定した売り上げというものは存在しません

 

毎月の上下動は結構激しいです。

 

要因としては

 

  • シーズンやイベント
  • 大型連休
  • 単品購入の有無

 

等が考えられます。

 

シーズンやイベント向きデザインを多くそろえておけば、その時期は伸びますが終わったら当然落ちます。

 

また購入は平日の方が圧倒的に多いので、祝日が多い月はそれだけ販売機会の損失があります。

 

さらに通常、ストックフォトサービスには定額制購入と単品購入があり、単品購入してもらえると、単価が高いのでドーンと売り上げが伸びます

 

これが月に何回来るかというのが結構売上を左右します。

 



 

こういった感じで生まれるサービスごとの売上の上下動を、複数サービスで補完しあうことにより、かなり収入の計算が立つようになります。

 

 

複数サービスへの登録作業はまさに苦行

 

training

 

といった感じでメリットの多い複数サービスへの登録ですが、もちろんデメリットはあります。

 

鬼の登録作業

 

細かいとこで言うと他にも色々ありますが、それらがかわいく見えるくらい、最大のデメリットはこれです。

 

基本的な流れで言うと

 

デザインアップロード →  タイトル付け・タグ付け・(カテゴリー設定)  →  審査に提出

 

となるのですが、これを各サービスごとに、各サービスのフォーマットや言語に合わせつつやるのは本当にしんどいです。

 

しかもアップするときは、何デザインかまとめてやるのが普通なので、「×デザイン数」ということで疲労が倍増しますし、当然時間もかなりかかります。

 

この登録作業に耐えうる精神力が必要になってきます。

 

自分も正直誰か手伝ってくれる人いないかなあと思っております苦笑

 

ただ自分なりに効率がイイと思う「複数サービス登録のながれ」というのが実はあるので、今度それも紹介したいと思います。

 

 

では本日は複数サービスに登録する際のメリット・デメリットについて書かせていただきました。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

ではでは。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です