[フリーランス・在宅ワークの健康問題 ] 長時間の座りすぎによる健康リスクについて

長時間の座りすぎは危険です

 

こんにちはDiGです。
 

フリーランスになって在宅で仕事をするようになると、通勤がなく、職場の人間関係のストレスなども減り、とてもメリットが多いように感じます。
 

しかし、それとは裏腹にデメリットもあります。
もちろん金銭的な不安定さなどもデメリットの一つですが、それとは別に今回取り上げたいのは健康の問題についてです。
 

通勤がなくなるということは、今まで通勤に要していた運動量が減るということになり、慢性的な運動不足になりがちです。


そして、フリーランスは就業時間の取り決めがないので、作業が終わるまで際限なく仕事をしてしまいがちです。
そうなると、会社員時代と比較して、座っている時間が長くなるということになります。
 

そして最近の研究で長時間の座りすぎによる健康リスクが続々と明らかになってきています。
 

在宅ワーカーの長く座りすぎ問題。座りすぎはマジで危険

座りすぎは危険です
 

座りすぎがもたらす健康への悪影響については、

座る(座位)時間が1日11時間以上の場合、それ以外で身体的にどれほど活動的であろうと、3年以内に死亡するリスクが40%以上高まる

医学誌「Archives of Internal Medicine(内科学)」3月26日号に掲載された今回の研究で、オーストラリア、シドニー大学のHidde van der Ploeg氏らは45歳以上の22万2,000人以上の自己申告データを分析。

その結果、座位時間が1日合計11時間を超えると死亡リスクが急増、また8~11時間でも1日4時間未満の場合に比べて15%高かったことが明らかになった。
健康美容EXPO記事より引用

というような研究結果が出ています。
 

また、別の研究結果によると

座りすぎの死亡リスク

 

Back in May this year the Sydney Morning Herald ran a headline “Sitting is the new smoking” and quoted research by Veerman and collegues to indicate that for every hour of sitting we shorten our lives by 22 minutes. This looks even more ghastly when we compare this number to smokers who lose 11 minutes per cigarette.

 

今年5月、シドニー・モーニング・ヘラルドは「座ることは新しい喫煙です」という見出しを掲載し、Veermanとcolleguesの研究を引用して、座っている1時間ごとに22分の寿命が短くなるとを示しました。
喫煙者(タバコ1本につき11分の寿命を失う)とこの数を比較すると、これはさらにひどく見えます。
これらのデータに基づくと、1日10時間座っている人は、1日20本のタバコ喫煙者と同じ死亡リスクを持っていると言えます。
informhealth.com記事より引用

 

というように、とても怖い研究結果が相次いで発表されています。
座りすぎがなぜ死亡リスクを高めるのかというと、

下半身の筋肉の不活性全身の血流低下代謝減少糖・中性脂肪の燃焼低下

という感じで、平たく言うと太りやすい体になってしまうからです。
 

これにより、糖尿病・高血圧・血栓・心疾患などを発症するリスクが高まるというわけです。

また座る体制は腰や首への負担が高くなるために、骨粗しょう症のリスクも高くなるそうです。


また別の研究結果では、座りすぎはがんの死亡リスクも高めるとのことです。

中川准教授は米テキサス大学付属MDアンダーソンがんセンターが行った研究「座る時間とがん死亡リスクの関係」を紹介。それによると、「最も(長い時間)座るグループ」のがん死亡リスクは「最も座らないグループ」の1.8倍だった。
特にリスクが高いのは前立腺がんと乳がん・卵巣がんだとしている。
時事メディカル記事より引用

これは座っている体勢により、長時間腹部が圧迫されることが悪影響をもたらしている可能性があるようです。
 

長く健康でフリーランスを続けるためにできること

フリーランスの健康問題
 

ということで、座りすぎのリスクについてはみなさんご理解頂けたかと思います。
解消法としては、適度な運動がベストですが、こまめに立ち上がって動くだけでも、血中の糖や中性脂肪の値が改善することがわかっています。
 

私も座る時間が長い方なので、こういった記事を読んで怖くなり、立ち机 (スタンディングデスク)を購入して、一日の数時間は立って仕事をするようにしています。
これがかなり良かったので、今回是非お薦めさせていただければと思います。

 

ということで、私DiGが絶賛愛用中の立ち机はこちら

 

こちらどの辺がお勧めポイントかと言いますと、
 

▼DiGからのおすすめポイント

  • 折り畳み式なので使わない時にも邪魔にならない
  • 高さ調節が自由自在
  • ほぼ組み立てが不要なので女性でもすぐ使える
  • 金額もそこまで高くないのでコスパ良し

といった感じで、とにかく使い勝手が良いです。
組み立てに関しては、キャスターか固定パーツのどちらか選択式なので、そこだけは自分で取り付ける必要があります。
 

使って見てわかったことですが、立って仕事すると、爽快感というか、頭がスッキリとして仕事の効率も上がリます
実際にそういった研究結果も出ているようで、メンタリストのDaiGoさんもyoutubeを立ったまま放送されていますが、それはこういった研究結果に基づいているそうです。
 

ということで、立って仕事をすると、健康にも仕事にも好影響があるということです。
 

私の家では、今のところ家庭内で立ち机の争奪戦が発生している状況です笑

 

あと1点補足ですが、立ち机で飲み物を近くに置いて仕事をする場合は、ドリンクホルダーなどを設置した方がいいです。
この高さから飲み物をぶちまけると悲惨なことになります。。(経験者は語る)
 

 

以上本日は、フリーランス・在宅ワーカーの方にぜひ気をつけていただきたい座りすぎによる健康リスクについてお伝えしました。
 

フリーランスは体が最大の資本です。
長く健康で働くためにも、座りすぎには気をつけていただきたいと思います。
 

ではでは。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です